でんらいの水中ライトの特徴

アロワナを照らすライトは、主に水槽の外から照らすタイプと

水中から照らすタイプの2点があります。

水中ライトは水面反射がない

水槽の外から照らすライトは、光が弱くなる原因が2つあります。

1つは、水面での光の減衰です。

光は水面で反射・屈折し、ライトが本来もつ光を水中に伝えることができません。

どんなに明るい蛍光灯でも水中に光が届くまでに、反射と屈折により、アロワナ個体に届く光は弱まってしまいます。

これでは光量の強いライトを使っても意味がありません。

アロワナの鱗を美しく照らす

アロワナの鑑賞の楽しさは、鱗の美しさです。

一般的なアロワナの鑑賞方法は、水槽の上からではなく、水槽の側面からです。

上から照らすライトでは、アロワナの鱗の美しさをしっかりと表現することができません。

1灯でも明るい

上から照らすライトは、水面での光の乱反射や屈折があり、1灯で全体を照らすのには限界がありました。

水中ライトは側面から照らすため、光が水中を効率よく照らすため、1灯でも十分な明るさを実現できます。

以下の動画では、上部ライト1灯とでんらいのアロワナライト1灯を比較した動画です。水槽の上から照らしたライトから水中ライトを点灯した瞬間に水中が明るくなることがご覧いただけると思います。

 アロワナの飛出し事故の防止

アロワナの死因の第一位は、ジャンプによる水槽からの離脱です。アロワナを飼育する際には、水槽にしっかりと蓋をして事故を防止しなければいけません。

しかし、しっかりとした蓋はその分厚みがあるので、水槽上部から照らす従来のライトでは、蓋に光を遮られてしまい、効果が半減してしまいます。

でんらいのアロワナライトが全て解決

  • アロワナの事故死も防ぎたい。
  • アロワナを美しく照らしたい。

でんらいはアロワナファンが抱えるこの大きな2つの問題を解決するアロワナ専用ライトを開発しました。

従来のライトはこの悩みを解決できませんでしたが、水中ライトであれば、上部をしっかりと蓋することができるので、アロワナの飛び跳ねによる事故死をほぼ100%防ぐことができます。

また、でんらいのアロワナは水中ライトです。水面の反射や屈折によって光が弱くならないため、強い光でアロワナの鱗1枚1枚の美しさを際立たせます。

高い耐久性

ライトを水中に沈めるため、ライト本体の寿命が短いのでは?という不安をお持ちかもしれません。

でんらいのアロワナライトは、海水でも使えるほど極めて耐久性の高い強化ガラスを使用しています。