蛍光灯とLEDライトの違い

hontai2

LED式のアロワナライトは従来の蛍光灯式アロワナライトと比較すると、様々なメリットがあります。

アロワナの魅力を引き出す

アロワナの魅力は、なんといってもその美しい体色です。他の観賞魚と比較しても赤や金などの鮮やかな色に発色する種類が多いのが特徴です。

大型魚ならではの迫力と存在感、ターンをする時の優雅さ、泳ぐ時の角度によってライトの光が当たる位置が、赤や金などの体色が美しいグラデーションを描きながら様々な変化を見せてくれるのが最大の魅力ではないでしょうか?

その魅力を引き出してくれるのが、でんらいオリジナルのLED式アロワナライトです。

企画・製造から販売まで一貫して行っているため、アロワナを美しく見せることにこだわり抜いた設計のライトを生産することが可能です。

鑑賞の邪魔にならないスリムな本体

でんらいのLED式アロワナ用水中ライトの直径はわずか20mm。同タイプの水中蛍光灯の直径は約46mmと実に2.5倍です。

さらにライト本体の色を黒色にしてさらに鑑賞の邪魔にならなようにこだわりました。

色が自由に作れる

LEDは蛍光灯と比べて光の色を作りやすく、色が安定しやすいのが特徴です。でんらいでは、このLEDの特性を生かし、紅龍の赤、金龍の金色などがより映える色の波長を見つけ出しました。

水の色が変わらない

蛍光灯だと、光の色が水の色まで変えてしまい、アロワナの鱗の美しさが持つ魅力を100%引き出すことができませんでした。

でんらいは、LEDチップメーカーと研究を重ねて、水の色を変えずにアロワナのみを美しく照らす特殊なLEDチップを採用しています。これにより、水の色を変えず、アロワナの個体のみに反応し、魅力を120%引き出すことに成功しました。

メンテナンスが簡単

水中蛍光灯の場合、メンテナンスのたびに蛍光管を取り外さなければいけません。しかも、取り外すたびにパッキンが緩んでいき、そこから水が浸水するというトラブルがつきものでした。

でんらいのアロワナライトは、パッキンの取り外しは一切不要です。パッキンをいじらないので、メンテナンス後の浸水の心配がありません。